この度、本作が11月4日から28日まで行われる第41回ハワイ国際映画祭 <Spotlight on Japan>部門への正式出品が決定しました!
ハワイ国際映画祭は、毎年米国ハワイ州で開催され、アジアの優れた映画の発掘をテーマにした映画祭で、これまで『万引き家族』(裕和監督)や『本気のしるし』(深田晃司監督)、『37セカンズ』(HIKARI監督)などの日本映画が出品されてきました。
 
1989年生まれの平 一紘監督が、 “アメリカ世”(アメリカ統治の時代)やベトナム戦争当時の沖縄の世相なども盛り込んだ『ミラクルシティコザ』。
沖縄日本復帰50年目を迎える2022年の劇場公開となりますが、公開に先駆けてのワールドプレミアが、奇しくも1941年の真珠湾攻撃から80年目を迎えるハワイ国際映画祭となります。


監督Twitter

公式Twitter